米穀機構のご案内

ご挨拶

img1.gif

 米穀機構は、設立以来、食糧法に基づく指定法人として、国民の主食である「米」を皆様に安定的にお届けする取組を支援してまいりました。
 現在、全国の米産地においては、生産構造を変化させつつ、需要に応じた生産・販売への取組が進められています。また、核家族化・単身世帯の増加や女性の社会進出等を背景に中・外食化が進展し、流通も変革を求められるなど、米をめぐる状況が、生産、流通、消費の各面で大きく変化しています。
 また、TPPやEU・アメリカとの経済連携協定など国際関係が進化するなかで、世界や国を大きくゆるがす災禍も発生しています。米穀機構は、こうした環境の変化に的確に対応し、米の安定供給の確保と稲作農業及び米関連産業の健全な発展に寄与すべく、この度、新たに国産米・米加工品の輸出を支援する事業にも着手しました。従来からの事業と併せて引き続き役職員一丸となって取り組んでまいりますので、どうぞ皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

公益社団法人米穀安定供給確保支援機構
理事長 福田 晋

米穀機構の概要

名   称 : 公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構 (略称「米穀機構」)
設立年月日 : 平成16年4月1日(平成25年4月1日 公益社団法人への移行登記)
指定根拠 : 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(平成6年法律第113号)第8条
機構の目的 : 米穀の安定供給の確保を支援すること
機構の会員 : 125会員(令和3年1月15日現在)
(米穀販売事業者及びその団体 121会員)
(米穀の生産、出荷、販売又は加工の事業を行う者の組織する全国団体 4会員)
事 務 所 : 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町15番15号
組 織 図 :  

img1.jpg

米穀機構の事業

Ⅰ 公益目的事業

1 信用保証事業

 米穀卸売業者が全農、全集連等から買い受ける米の代金の支払い及び金融機関から借り入れる運転資金について保証を行うことにより、米の円滑な流通と年間を通じた消費者への安定的な供給を図っています。また、公益目的事業外の相互扶助等事業として、設備資金、設備リース及び社内預金に対する保証を行っています。

2 集荷円滑化対策事業

 お米の安定供給を確保するため、豊作によって過剰になったお米の処理(主食用以外の加工用途等に仕向けること)や、お米の需給・価格の安定に資する生産者の取組への助成を行っています。
 また、お米の需要拡大に資する取組への支援を行うほか、機構自ら、米粉など新たな米需要の拡大に向けてイベントや講習会の開催を通じた情報発信を行うとともに、お米やお米の加工品の輸出拡大に取り組みます。

3 米消費拡大事業

 米・ごはん食の特長を活かした健全な食習慣の確立をめざすため、妊産婦や乳幼児、学童、若年層、中高年層の国民各層に対して、各世代の特性や志向、情報入手手段等に合わせて、米を主食とした日本型食生活の重要性を普及する啓発をしています。特に、医療関係者等と連携したセミナーの開催、教育の場を活用した普及啓発活動、環境との関わりからごはん食の良さを訴求する取組を行っています。
 また、若年世代を中心とした朝食の欠食の現状を改善するため、SNS等を活用して、朝、ごはんの喫食向上をめざす取組や食文化や伝統行事等を絡めたごはん食の魅力、健康増進・体力向上の面からみたごはん食の再発見を行い、ごはん食の喫食増大を図る取組も行っています。

4 情報提供事業

 お米の生産、消費、需給や価格の見通しなどについての独自調査を定期的に行い、調査結果を広く提供しています。また、お米の歴史や文化に関する情報を始め、家庭でのお米の保存の仕方や炊き方などの身近な生活情報から子ども向けの学習情報まで、お米に関する様々な情報をホームページ「米ネット」で提供しています。

Ⅱ その他の事業

1 もち米需給安定支援対策事業

 作柄や需給のわずかな変動により需給の不均衡が生じやすいもち米の適正かつ円滑な流通を図るため、生産者団体や実需者が行うもち米の在庫対策、国産もち米の需要拡大に関する事業を支援しています。また、もち米に関する情報の収集・提供を行っています。

2 流通合理化推進事業

米穀卸売業者に対し、農業競争力強化支援法に基づく事業再編による設備の合理化等に対するリース料等の助成を行っています。

◎ 所在地/連絡先

公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町15番15号

TEL:
 総務部 :03-4334-2150
 経理部 :03-4334-2151
 保証業務部 :03-4334-2152~3
 消費拡大事業部:03-4334-2160
 情報部 :03-4334-2161
 事業開発部 :03-4334-2162
 安定供給支援事業部:03-4334-2165
 もち米事業部 :03-4334-2166

FAX:
 03-4334-2157 (総務部/経理部/保証業務部)
 03-4334-2167 (消費拡大事業部/情報部/事業開発部)
 03-4334-2168 (安定供給支援事業部/もち米事業部)

◎ 案内図

大きなサイズの地図をご覧になるには、この地図をクリックして下さい。
新しいウィンドウに表示されます。
img2.gif

最寄り駅

  • 地下鉄日比谷線 小伝馬町駅 徒歩4分
  • 地下鉄都営新宿線 馬喰横山駅 徒歩5分
  • 地下鉄都営浅草線 東日本橋駅 徒歩7分
  • JR総武線快速 馬喰町駅 徒歩6分

 アクセス

  • 東京駅-(JR総武線快速4分)→馬喰町駅-(徒歩6分)→現地
  • 上野駅-(地下鉄日比谷線5分)→小伝馬町駅-(徒歩4分)→現地
  • 羽田空港-(京浜急行・地下鉄都営浅草線[相互乗入れ] 31分)→東日本橋駅-(徒歩7分)→現地

■ 米穀機構の情報公開

事業計画、収支予算等の情報を公開しています。
 ⇒ 詳細はこちらをご覧ください。