協力:超人シェフ倶楽部
   このページをプリントする

炙り秋刀魚とぎんなんの黄金ご飯

秋刀魚の脂がサフランの香りのご飯によく合います。

2012 秋の和食メニュー プレートレシピ

調理時間:50分(米の給水時間は含まず)

材料

もち米

うるち米

[A]

サフラン

生姜

ぎんなん

粒胡椒

秋刀魚

[B]

味醂

醤油

砂糖

4〜6人前

1/2合

2合

 

450㏄

30㏄

小さじ1

ひとつまみ

2片

16粒

小さじ1

2尾

 

大さじ2

大さじ2

大さじ1

大さじ1~2

備考

 

 

 

 

 

 

ターメリックかカレー粉でも

みじん切り+針生姜

煎って薄皮を剥く

ピンク/白ペッパーがよい

三枚おろし

 

 

 

 

 


作り方

1
もち米とうるち米は合わせて研ぐ。 [A] を入れ、しばらく吸水させる。

生姜の半分はみじん切り、半分は細い針生姜にする。

2
鍋に [B]、生姜のみじん切りを合わせて入れ、火にかける。

3
秋刀魚は三枚におろし、さらに七切れに切る。

4
ふつふつしてきたら秋刀魚を入れ、さっと煮たら、

秋刀魚の皮面をさっと炙る。

5
皿にご飯を盛り付け、(4)の秋刀魚をのせ、粒胡椒をかける。

6
煎ったぎんなんを散らし、上に針生姜をこんもりと盛り付ける。

このホームページに掲載の文章・写真・イラスト等の転載・転用等を禁じます。
制作・著作 公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構 tel (03)3222-9582